マニュアルでカブリオレ

昔免停中に運転して一斉に引っかかって免許の取り消しを受けた。それから20年間運転をしなかったが、息子が大きくなってきて、昔やりたかったアメリカ大陸横断のため運転免許を取りに行った。半年がかりでやっと免許を取りなおし、去年の7月家族でレンタカー(ダッジ)で9000kmドライブをして帰ってきた。

その年の11月にはイギリスにもいき、そこでもレンタカー(ボルボのディーゼルマニュアル車)を借りてサマーヒルスクールに行ってきた。日本に帰ってから息子にサマーヒルに行きたいかと聞いたら行くというので、留学の手続きをしてサドベリースクールを退学し、息子はサマーヒルスクールに一人で旅だって行った。

夫婦二人きりの生活になり、サドベリースクールとも縁が切れると時間を持て余すようになり、オープンカーを買ってドライブしたいと妻を説得した。レンタカーでいいじゃないのと言うのを何度も繰り返し説得しやっと了解を得た。

最初国産車を考えていたが、今国産には4人乗れるカブリオレはなくて、二人乗りのロードスタータイプしかなかったが、欧州車には結構あった。またイギリスで乗ったマニュアルミッション、できればディーゼルが欲しかった。

最後に候補に残ったのはミニのコンバーチブルとポルシェ911とBMWの420Dだった。ミニは言葉通り小さくて荷物が積めない、ポルシェでは1千万円を超えてしまうしいくらなんでも会社の経費では買いにくい。BMWが最後に残ったが日本のディーラーではマニュアルもディーゼルも扱ってない。なんでこんなに日本ではマニュアル車が虐げられているのかわからないと怒っていた。

ホームページで色々と探していたらルパルナスと言う会社が目に留まり、ヨーロッパから直接購入できることが分かった。そこでメールでBMWの420Dカブリオレのマニュアル車が入手できるかと問い合わせをしたところ可能といわれ、見積もりをもらい、渋る妻を説得した。cosySec

最後の打ち合わせをするため妻と千駄ヶ谷のルパルナスに行ったが、そこではカーディーラーのように車を並べているわけでもなくて、喫茶店で代表者と打ち合わせをした。仕様を決めるにしてもBMWのホームページを開いて色やオプションをクリックして選らぶだけ。それなのに前金で数百万の金額を振り込むのだから、少し不安だったが、ここは経営者を信用するしかない。

しかししばらく話していると、私とかなり共通する価値観があり、この人なら信頼しても大丈夫だと思えた。お互いにこだわり派で好きが高じて趣味を仕事にしてしまうし、子どもの教育に関しても共通する危機感を持っていた。

そこでの話で子どもをイギリスの寄宿舎に行かせているというと、それなら、ヨーロッパで車を引き渡すので、家族でヨーロッパをドライブするといいと提案された。価格的にはあまり変わらないというので、それならと見積もりを頼んだ。

時期は冬休みが良かろうということになり、今年の12月から1月にかけて1か月スペインとフランスをドライブすることにした。パリで車を受け取ってニースあたりで返却すれば、そのあとはルパルナスの担当者が日本に車を送って、ディーゼルの排ガス規制対応とナンバー取得して引き渡してくれるそうだ。ただし、ヨーロッパのナンバーを取らないといけないので別途50万円ほどかかるといわれた。

車両価格は日本のBMWディーラーから買う金額より少し高いが、私がこだわっているので納得できる価格だった。メンテナンスなどサポートも日本のBMWがやってくれるそうだ。話がまとまって妻と息子の了承を取り、見積もり通り現金で全額振り込んだ。

ブログではこの後ヨーロッパでドライブをするまで書くつもりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です