日別アーカイブ: 2016年7月22日

ロンドン到着

7月22日
モスクワからロンドンまでアエロフロートで飛び、ロンドンからレンタカーを借りてサマーヒルスクールのあるレイストンに向かった。

モスクワのパークインホテルでチェックアウトして無料バスに乗り、空港で出国の手続きをした。案内に英語が少なくて少しうろうろしたが、係りの人はみんな親切で片言の英語で教えてくれた。手続きも順調に進み定時に搭乗、離陸し、ヒースロー空港に無事着いた。昨日より機種はちょっと古かったが快適だった。料理は昨日のほうがおいしかった。

DSC_1273 DSC_1280

DSC_1277

英語が達者とはとても言い難いが、それでもロシア語の世界から英語の世界に来ると案内の文字が楽に読める。まるで母国に帰ってきたような安心感があるが、一つでも分からない単語があるとすぐ異国に戻る。

ロンドンに着いて早速MightySimとGP02でインターネットに接続しようとしたが、接続先が見つからないと表示され、それではと空港の無料Wifiに接続しようとしたが何故かIDとパスワードを要求されてこれもだめ。次にあらかじめ買っておいたイギリスの3(スリー)のシムを入れたがやっぱりだめ。3の説明書にはつながらない時は3ストアに行けと書いてあったが空港にはSIMの自動販売機はあってもストアはなかった。Hellosimは非常時だけとなっていて使えない。調べたくてもネットにつながらない。はい、全滅!
これは時間の無駄だとあきらめて予約していたハーツレンタカーに行くことにした。レンタカーの受付はあったがそこに人はいなくて英文の説明と受話器があるだけ。
仕方なく説明を読んでいたら、唐突にイギリス人らしき人が話しかけてきた。なんだなんだとわけわかしていたら勝手に受話器を取って誰かと話をしてから、ついておいでと言う。

ずいぶん親切な人がいるものだと思いながら荷物を持ってついていくと、バスストップで女性が一人で荷物を持って立っていた。すぐ送迎のバスが来て一緒に乗りこむのを見て、奥さんをバスストップに待たせてレンタカーの送迎を呼ぶため案内所に来たら、私たちがうろうろしているのを見たのだと了解した。

こんなに早くバスが来るのだからよほど近いかと思ったら20分ぐらい走ってようやくレンタカーの営業所についた。やれやれこれで出発できると思ったらすでに20人ぐらいの人が順番待ちをしていて、そこでまた40分ぐらい待たされた。
そこでフリーWiFiが使えたので3ストアを探したらいくつか見つかりその中でスクールに向かう途中にある店によっていくためカーナビに入れた。

DSC_1474

順番が来たので予約表を見せればOKだと思ったら、予約した車ではなくてメルセデスベンツになる、ついては追加として20ポンドくれというので、予約通りにしてと主張したらカーナビもついているしと言うので、持ってきているのでいらないというと、しぶしぶ予約通りの金額でいいということになった。

荷物を積み込んでさあいよいよ出発! と思ったらシフトレバーが見当たらない。改めてよく見るとマニュアル車で頼んだのにオートマになっていた。出発するばかりになっていたので改めて変更してもらうのも面倒で、まあいいかということにしたが、やはりシフトレバーが見当たらなくて動かせない、探し回ってウインカーのあるべきところに小さなレバーがあってパークとドライブの切り替えをするようになっていた。DSC_1483

やれやれこれで出発できると車を動かしたら返却口に入ろうとしてしまい、あっちだと叱られ、ようやく外に出たら4時ごろになっていた。
3年前はカーナビが距離優先になっていて時間がかかってしまったので、今回は時間優先にしたが、オートマで高速を走ると退屈で余計に時間がかかるように感じてしまう。
あらかじめ目的地を入れておいたカーナビのガーミンは順調に走っていたが、途中でハングアップしてかなり慌てた。それで予備としてメルセデスについていたカーナビをセットしたが、メッセージは英語だし(あたりまえだ)、距離速度はマイルだしどっちもどっちという感じ。

途中で3ストアーに寄るには遅すぎることに気づいてレイストンに直行することにしたが、それでもB&Bのホワイトホースについたときには8時過ぎになっていた。

荷物を下してから、ホテルの人に近くにレストランはあるかと聞くと、タクシーで10分ぐらい行けばあるという、聞くと3年前に行った二軒のレストランだった。
ここでは時間が停まったように3年たっても、レストランが増えも減りもしない世界なんだと感心した。DSC_1531

その中でパスタの店に行くことにした。名前をPREZZOといって3年前と全く同じインテリアで同じく美味しいサラダとパスタとピザを頼んだ。それにしても何度見ても英文のメニューは頭が痛くなる。
おなかすいていたのに残してしまうほどボリュームがあった。

DSC_1585

DSC_1589 DSC_1595DSC_1594

ホテルに戻ってブログを書こうとすると3文字書いては寝てしまうので、翌日書くことにした。

今日の足跡