日別アーカイブ: 2016年8月14日

フィレンツェ 2日

8月14日
今朝は少し早起きして8時ごろに宿を出てバスでサンロレンツォ聖堂に行った。

入り口が開いていたので入ろうとしたら、午前中はミサのため入れませんと言われた。後でもう一度来ようと、ぶらぶらしていたら市が開いていたので入って見ると革の市だった。

 

裏に回ってメジチ家の礼拝堂の前のオープンカフェで朝食にした。アメリカ風とイタリア風のモーニングセットがありアメリカ風のほうが少し高かったが3人ともアメリカ風を頼んだ。気持ちよく食べていたが急に強烈な日差しが入ってきて痛いほど熱くなってきたので奥の席に代えてもらった。

食後サンタマリア・デル・フォーレ大聖堂を横目に見てレプッブリカ広場に出た。広場にはなぜかメリーゴーランドだけ回っていて他には何もなかった。広場に面した凱旋門をくぐりストロッツィ宮に向かった。

レプップリカ広場

ストロッツィ宮に入ると何かの芸術のイベント展をやっていたが特に見たいものでもなかった

すぐ出て、次のサンタマリア・ノベッラ広場に向かう。途中でサンティ・ミケーレ・エ・ガエタノ教会を見かけ中を覗いてみた。

ミサの最中で神父さんが十字架の前でお祈りをしていて静かに歌声が流れていた。私は一番後ろに立ってミサの様子を見ていた。息子は早くいこうと何度も声をかけてきたが、中高時代にチャペルでお祈りをしていたことを思いだしてしばらく感傷に浸っていた。

サンタマリア・ノベッラ広場

サンタマリア・ノベッラ広場はサンタマリア・ノベッラ聖堂が正面にあり緑の芝生と花で飾り付けられたあでやかな広場だ。教会の中を覗こうとしたが午前中はミサのため入れなかった。

サンタマリア・ノベッラ薬局があると聞いていたのでうろうろ探したが広場では見つからず、裏に回ってみたが見つけることができない。妻がネットで住所を調べ探すと8月13,14はお休みとなっていた。ヨーロッパにもお盆休みみたいなのがあるのだと思った。

仕方ないのでサンタマリア・ノベッラ駅を通ってバッソ要塞に向かった。時はちょうど昼で日差しはこれでもかと照り付けていた。
サンタマリア・ノベッラ駅

バッソ要塞についてみたがどこにも入り口らしき場所がない。鉄格子の扉の前まで行ってみていると男性が来て電話をかけていた。その電話の合間にこのバッソ要塞はどこから入れるのかと聞いた。すると彼は入れないと答えた。でも展示会や会議をやっているじゃないかと言うと、早口で何か話してくれたところで彼に電話がかかってきて話は中断した。

バッソ要塞

電話が終わったころを見計らってもう一度聞きに行くと、コンファレンスやエキジビジョンの時だけ開けるが今はやっていないので入れないと答えた。なるほどそういうことかと礼を言って別れた。

この後どうするのと息子が聞くのでとりあえず昼を食べようとサンロレンツォ聖堂まで戻りスパゲティ2つとサラダを食べた。3人いるのにスパゲティを二つだけ?とウエイトレスのおばさんに聞かれたがシェアするからと言うとわかったといって引っ込んだ。

食後妻が大聖堂わきのジェラートを食べたいというので一緒に行って二つ頼んで3人で食べた。これはどちらも甘かったがさっぱりしておいしかった。

その後美術館か博物館に行こうと思うがどっちがいいと息子に聞くと博物館がいいと答えたので国立考古学博物館に向かったが、ついてみると日曜日は2時でおしまい。

仕方ないのでフィレンツェ大学の玄関前で写真を撮り、宿まで30分歩いて4時半ごろ帰った。

しばらくごろごろしてから食事に行くことにして近所にあったレストランに歩いて行ったところ13,14日は休みだった。あちこち調べたが今日は多くのレストランがお休みだった。

それならと車を出して昨日食べたわびさびに向かったが、前に駐車の余地がなくてぐるっと回ってようやく停めた。
近くにケバブの店があり、わびさびとどっちと言うと息子はスパゲティがあるからケバブの店にしたが、私たちが頼んだ後息子がスパゲティと言うとおしまいと言われて息子は食べられなかった。息子は夏バテだといってダルそうだった。

宿に戻り息子はインスタント味噌汁を妻に作ってもらって食べて寝た。

あさサンロレンツォ聖堂にもう一度行こうと思っていたがすっかり忘れている。

本日の行程

0
Give me「いいね」!