ミラノ ティチネーゼ門

8月22日
ミラノ、スフォルツェスコ城 ティチネーゼ門 ロトンダデッラベサーナ

8時ごろ起きて洗濯を始めたら11時過ぎにやっと終わり、部屋を出れたのは11時半ごろになってしまった。

地下鉄のUdine駅まで行きそこでナポリカードを買おうとしたがそこでは手に入らないとわかりセントラル駅まで切符を買って行った。セントラル駅でナポリカードを売っている場所を探しポリスや係の人に聞いたが中2階だ、いや地下だといろいろな返事が返ってきて右往左往してしまった。最後にポリスに聞いているとそこに居合わせた人があっちと指さし右だと教えてくれてやっとたどり着いた。

カードを買う段で息子を見て何歳だと聞くので12歳だと答えると、同僚と何事かイタリア語で話して12歳から大人と同じだと言われ3枚購入できた。息子に11歳といえばよかったねというと叱られた。

セントラル駅からLanza駅へ行き、スフォルツェスコ城を見た。

何か美術展をやっていたが、特に興味なくて中庭と外観を見て、凱旋門を見るためにセンピオーネ公園を横切って歩いた。公園は日差しの当たるところでは焼けるように熱く、日陰はひんやりして気持ち良い。そこではいくつかの現代造形が展示されていた。
凱旋門を見てから今度はレオナルドダビンチ国立科学技術博物館を見に行こうとしたが、予定表であるしおりを見ると月曜日はお休みとなっていて明日に回すことにした。

次のティチネーゼ門は少し遠いのと市街電車に乗ってみようとGoogleMapで市電ルートを検索し、息子が地図を見ながら停留所を探した。

電車に乗っている間、頻繁にSUSIの看板を見かけた。少なくても5軒はあった。いつの間にかすしは世界のブランドになっている。でもその99%は中国人の職人と経営者なのでどうも少し違和感がある。
サンロレンツォ聖堂

ティチネーゼ門は二つあって古いほうの門を市街電車が単線になって通り抜けている。

それをストリートビューで見て本当に走っているところを見たかった。無事写真に撮って新しいほうのティチネーゼ門にいった。

 


ロトンダデッラベサーナを見る前にカフェを探したが見当たらず、市街電車の停留所に来てしまった。

ロトンダデッラベサーナの中に入ろうとしたが時間が遅いのと、そもそも今は夏休みで閉まっていた。

ミラノ ロトンダデッラベサーナ



仕方ないので目の前のカフェでコーヒーと紅茶とジュースを頼んだが、店の人は全く英語がわからず、コーヒーとカフェラテと訳が分からない苦い飲み物が出てきた。
一休みできて、親切にしてくれたので機嫌よく店を出ることができた。

夕食を食べて戻るか、戻ってから食事をするか聞くと、妻は部屋に戻り洗濯している間に食事をしたいと言う。

バスを乗り継いで部屋に戻り、洗濯機をセットして皆で部屋を出た。

GoogleMapを使いながら近所のレストランを探すと岬というSUSIレストランを見つけた。行ってみようということになった。岬という名前は「火山」という名前に比べて日本でもありそうな名前なので少しは期待が持てると思う。
店はやはり中国人の経営で誰一人日本語はわからない。がこの店の職人は日本で修業したことがあるに違いないと確信した。もちろんアボカド巻きなど欧化されてはいるが基本はきちんとしていておいしかった。昨日の結論は一部修正する。

それにしてもイタリア人客の箸の使い方はかなりのものである。

iPadで3シムを使うときの設定を書いておく

設定を開き、モバイルデータ通信をタップ、
モバイルデータ通信・・・・・・・ON
モバイルデータ通信のオプションをタップ
4Gをオンにする・・・・OFF
データローミング・・・ON
EUインターネット・・・OFF
APN設定をタップ
APN・・・・・・・・・・three.co.uk
ユーザー名・・・・・<空欄>
パスワード・・・・・・<空欄>

以上で接続できたが、電波状態が悪いと3 ITAが別の通信に代わっていることがある。 その場合は切れてしまうので、再度電波状態のいいところでやり直す必要がある。 またiPadからティザリングもできたが、かなり遅くて不安定だ。

3ストアにiPadを持って行って聞いても接続できないといわれても、あきらめずに設定をやっ てみた結果である。

ただしこのことは私のiPadをイタリアで3のシムを使った場合で、誰でも同じ状態になるとは限らない。状況次第でいろいろやってみる必要があるだうろう。

22日の足跡

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です