日別アーカイブ: 2016年8月28日

プロバンス アルル

8月28日


マルセイユからアルル、アラモン

朝8時にホテルアイビスのビュッフェで朝食を取った。今までで一番いい朝食だった。

アラモンのAirbnbのPinouに7時ごろつくとメールを送ると、私はいないがカギはPUB16に預けてあると返事が来た。PUB16ってなにと聞き返したが、行けばわかると返事が来た。駐車場も大丈夫とのことだった。

10時にはホテルを出てアルルに向かう。カーナビを設定するとエクサンプロバンス経由で案内されるので途中を指定して回り込んだ。

アルルに行く途中右に湖、左に海を見て北へ抜けると見渡す限りの地平線に出た。アメリカ大陸横断以来だ。

アルルへの道

アルルにつくと最初の目的地をローマ浴場近くの駐車場にしたがひどく狭くて曲がりくねっていて壁にこすりそうになった。

駐車場に車を入れて料金を払おうとすると2時間までしか停められない。
目の前がレストランだったのでそこで昼食を手早く済ませようとするがメニューが全く読めない。英語メニューはないかと聞いてもありませんと言われる。最後は適当に目見当で注文した。
サンドイッチ2つとピザを食べたがおいしかったが多すぎた。

コンスタンチヌスの浴場を見たがローマのカラカラ浴場と比べて10分の1ぐらいで日本のスーパー銭湯ぐらいの規模だった。

次に隣の美術館を見て車を出し円形競技場に向かう。
駐車場は路上だが歩道に乗り上げる形でそこでも1時間半ほど料金を払った。

円形競技場はローマコロシアムと比べると半分ぐらいだが、今でも何かのコンサートなどに使われていてそのための鉄パイプの仮設座席が組み込まれていた。これはいささかがっかりした。

古代劇場も何か別のものに使われていてあまり見る価値はなかった。

アルルの跳ね橋を見るために少し回り道をした。

エスパス・ヴァンゴッホの美術館を見損なったのは返す返すも残念だ。

アラモンへの道

アルルを出てアラモンに向かう。

アラモンについたのは6時半ごろで車は市街地に立ち入り禁止になっていた。仕方なくその外側の駐車場に車を止めて歩いて入っていった。
PUB16を探したが全く見つからなくて、しばらくうろうろしていた。息子が見つけてきて早速行ってみると、男の人から「何のことだ」といわれ、メールを見せると一旦引っ込んで、しばらくしてカギを持ってきた。

建物に戻り鍵で開けようとしてもなんともあかない。悪戦苦闘していると通りがかりのフランス人が貸してと言って難なく開けてくれた。その後は簡単に開けることができるようになった。車から荷物を手で押して部屋までもってきた。

そのころから市街地ではコンサートと椅子テーブルが並んで人が大勢集まってきていた。
荷物を整理してから中心地はコンサートで騒がしく、それを避けて食事をするために出かける。街中を歩いたが日曜のせいか全く開いていない。

結局中心に戻り屋台のような店からサンドイッチとポテトを買ってコンサートの中で食べた。

アラモンのフェスティバル

息子は射的をやりたいと言い、ゲームのエリアに行って、4ユーロ払って3発の玉を買った。 やり方がわからないので射的場の人に教えてもらいながら風船を撃ったら、2発当たった。この中から選んでといわれた中から懐中電灯をもらって帰った。

部屋に戻り、二人はインスタント味噌汁を作って食べていた。

28日の足跡

 

4+
Give me「いいね」!