カルカソンヌ

8月31日


アラモンからニーム、モンペリエ、カルカソンヌ

宿を9時ごろ引き払い、カギをPUB16に渡してアラモンを後にした。

それにしてもこのAirbnbは鍵の受け渡しに立ち会いもせず、パブにあずけ、駐車場も来ればわかると言ってたがお祭りで入れず、お祭りの後も毎週水曜日市があるので宿の前の駐車はできない。それに、Wi-Fiが使えないだけでなく電話のデータ通信もほとんどつながらない。しかも祭り中は1時ごろまでやかましくて寝られないと、さんざんであった。

ニームには11時ごろついたが市内中心部は工事中のため大渋滞で駐車場に入れるのも苦労した。

ニーム

アラモンではネットの接続がむつかしくてメールを見るぐらいしかできなかった。とりあえずWi-Fiを使える店ということでマクドナルドを探して入った。

ここではタッチメニューに日本語の選択があった。

食事をしてネットを確認して話し合った結果、メゾン・カレ方形の家とフォンテーヌ庭園を見に行った。方形の家の手前に電話のFreeショップがあったので 順番待ちのペーパーをもらってから方形の家に行き、12時半に入った。

ところが中はベニヤを張っていて映像が流れるだけで内部装飾などを見ることはできなかった。入る意味はない。

Freeショップに戻ったが受付の女性にSIMが欲しいと英語で話しかけたが全く通じない。観光地の電話ショップで英語が話せる人がいないことに驚いた。

フォンテーヌ庭園に行ってみたが神殿や劇場などがあった場所に壺や石像を配置しているとあったがどれがどれかわからず、説明書きは多少あってもフランス語で皆目わからない。

今日中にモンペリエをみてカルッカソンヌにいかないといけないからと早々に出発する。走っていると円形闘技場を見かけたがあまり他と変わりなかったので停まらなかった。どちらにしてもニームはほとんど見るべきものはなかった。

モンペリエにつくとすでに4時ごろになっていて、時間がないので水道橋の真下に車を止めた。

モンペリエ

そこからペイルー公園へ階段を上がる。公園と水道橋を見て、凱旋門の前まで行き、車に戻りカルッカソンヌに向かう。

ラウンドアバウトが次々と続いていると妻が突然、カーナビを歩行モードのままにしていたと叫び、改めてドライブにして少し戻り高速道路に入りなおす。

途中でサービスエリアで軽油を入れてカルッカソンヌについたのは7時過ぎていた。

いつものように指定された住所で車を止めて妻と息子が探していると、車が来てリモコンでドアを開けて入っていった。

その運転手にAirbnbのホストの名前を聞くと「それはうちの隣で、あなたたちが来ることは聞いている」と答えた。

ホストとあって確認すると間違えないといわれ車を入れて説明を受けた。ホストは中年女性でフランス語しかできず、ホストが翻訳機を持ってきて日本語にしようとしたがうまく動かなくて英語に変換して話を聞いた。

私のiPhoneのグーグル翻訳のほうがうまく翻訳してくれた。またホストの娘さんが電話で通訳してくれたが、フランス語なまりであまり聞き取れなかった。

荷物を部屋に上げてから、カルッカソンヌに食事に車で出て行った。結構遠くて10分近く離れていた。駐車場に入れようとするとほぼ満車でたまたま出ようとしていた車を見つけてそこにすべりこんだ。

カルカソンヌ



カルッカソンヌは以前アメリカの友人が薦めてくれたゲームで、結構面白かったのでどんなところか興味を持っていた。今回はルートから少し離れているがどうしても行きたいと潜り込ませた。

carcassonne

カルッカソンヌに入ると想像以上に中世の空気を漂わせ、さらに上品に照明を配置した麗しい町である。中世の戦う町の中でも極め付けだろう。

レストランを探し坂の途中で見かけたメニューに日本語が書いてあったので入る。

少しだけ英語ができる若者がめんどくさがらずに丁寧に説明してくれ、スパゲティと若牛のステーキとパンプキンスープを頼んだ。

この店の料理はとても薄味でありながら粘りのある甘味でまとまっていて、今回の旅行で最高の味だった。あまりにおいしいので食後のデザートも頼んだが、これまた量が半端なく、しかも甘いので食べきれるかと不安だったが完食した。

寝静まっている家に戻り部屋にそっと入った。

31日の足跡

4+
Give me「いいね」!

カルカソンヌ」への1件のフィードバック

  1. 片山家の皆様 お元気ですか?菜遊です。日々楽しみに拝見してます!が、カルソンヌ以降が開けません!
    ご無事ですよね⁉帰国後お待ちしてます(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です