日別アーカイブ: 2016年9月4日

バルセロナ グエル公園

9月4日
グエル公園、ミリャーレス邸門

7時半には起きてみんなを起こし、昨日買った朝食を食べてみんなシャワーを浴びてから10時ごろ出かけた。


部屋のテレビで見た日本紹介番組、慌てて撮ったので三脚もなくブレブレ。


Torrasa駅で乗りEspanya駅で降りてバスツアーに乗ろうとしたときPinoutがないことに気付いた。朝の写真から見直したが座標の記録はなくもしかしたら宿にあるかもしれないとそのまま出かけた。

ツアーレッドバスでPlaca de CatalunyaでおりてからBARGER KINGで昼を食べた。ブルーバスに乗り換えてサグラダファミリアの前で降りた。

昨日忘れたちゅいを使って教会を撮ってから、再びブルーバスでグエル公園に向かった。降りてから実際にグエル公園に入るにはかなり歩くことになり、途中暑さに負けてカフェに入ってケーキやお茶を飲んだ。

グエル公園でチケットを買おうとしたら17時半の分しかないといわれた。そのときまだ3時前で少し悩んだ末買うことにした。こんなことならお茶を飲む前にチケットを買えばよかった。旅の反省は次に生かせないのがつらい。

グエル公園には有料以外に無料のエリアや別料金のガウディ博物館があった。

まずガウディが住んでいた住宅を改造したガウディ博物館に入ったが、これはさほど見るべきものはなかったが、ただ彼のデザインした椅子はとても座りやすそうだと感じた。
まだ早いので無料の部分を歩き、少し小高い丘の上に上ってみた。それでもまだ時間が余ったので再び反省をした。どうせなら明日の朝のチケットを買っていったんツアーバスを続けたほうが良かったと。そうすればバスチケットを無駄にしなかった。

ようやく5時半になり入場できたが、待つだけの価値はある。柱やかべの細工一つ一つの作りが微妙の違っていてそれがまた全体として軽快にしてリズミカルな空気を作っていた。

ガウディもグエル氏もこの公園(もともとは住宅地)を楽しみながら作ったのだろう。日本の公園にもこんな楽しむ公園が作れるといいと思う。

いろいろ見て回って外に出ると7時ごろになっていて、またツアーバスに戻り残りの時間でグエル別邸まで行って外観だけ見た。館そのものは16時に閉館していた。

そのあとミリャーレス邸門の前まで歩いていき、ガウディの彫刻と握手をした。

再びバスストップまで戻るとちょうどツアーバスが来た。慌てて乗って、Francesc Maciaで降り、レッドバスに乗り換えようとしたら最終が出た後と聞いて同じバスに戻ってMacba-CC5で降りた。

食事をしようとネットで評判のレストランを探して行くと予約は?と断られた。隣のレストランBar de Tapesには写真と日本語のメニューがありちょうどいいやとそこにした。料理もさりげなくおいしく特に日本風の鳥料理はとてもよかった。

Catalunyaから地下鉄でTorrasaまで行き、部屋に戻る途中でグロッサリーでスープとブドウを買って帰った。11時になっていた。
PinOutは探したがなかった。

翌日の移動のためiPadでGooglemapを開きまだ行っていない地区をメモリーに取り込んだ。Wi-Fiが遅くて一つ保存するのにとても時間がかかり、終わると1時半になっていた。

4日の足跡

0
Give me「いいね」!