日別アーカイブ: 2016年9月16日

パリ1日(ルーブル美術館)

9月16日


パリ、ルーブル美術館

朝になって妻が洗濯機が動かないと言い出した。たぶん昨日のブレーカーのせいだろうとコンセントを調べショートしている線を離してブレーカを戻すと動いた。
妻が洗濯を始めて、その間に車の中からごみと自分のものを整理しきれいにして、10時ごろ出かけた。
11時ごろプジョーオープンヨーロッパのリターン口につき車の返却手続きをした。係りの人からきれいに使ってもらいありがとうと言われた。走行距離は合計で7000キロを超えていた。

地下鉄の駅に行く前にレストランを見たので入ってみたがえらく高いのでやめてそのままシテまで地下鉄で行った。
シテについたのが12時ごろでオープンカェで簡単な食事をした。

ルーブル美術館に向かって歩いていると浅野さんから一緒に食事をしませんかと電話がかかってきた。今日の6時半にシャンゼリゼ通りのレストランLeon de Buxelleesで会うことにした。

美術館に入り、オーディオガイドを借りた。ルーブルを見るのに一日かけようと思っていたが、遅くなったので定番のミロのビーナス、モナリザ、「サモトラケのニケ」等、見逃せないものだけに絞った。兎に角見たかったのはサモトラケのニケで、その躍動感に改めて感激した。「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」を見たときはその大きさに度肝を抜かれた。美術雑誌で見るのと本物を見るのは全く違うと思わされる。

ほかにオリエント文化を見て5時ごろ外に出た。雨が降りだしていていつも水や自撮り棒を売っている人が傘を売っていた。

シャンゼリゼ通りをオーシャンゼリゼを歌いながら店に行き浅野さんと会った。
みんなでムール貝の食事をして旅の話で盛り上がった。ムール貝はさほど好きではなかったが、食べてみるとまろやかな上品な味が予想外で平らげてしまった。

さて帰ろうとしたら私の黒い鞄がないことに気づいた。どうさがしてもないのでiPadの紛失検索を起動したが反応はなかった。

仕方なく地下鉄の駅まで浅野さんと一緒に行きそこで別れて部屋に戻ることにした。

地下鉄の駅を降りて家に向かうにもiPadがないので地図が開かない。仕方ないのでガーミンを使って帰った。

家に帰りパソコンで「アイフォンを探せ」でiPadを調べると某所で発見したと知らない場所の地図が出たのでこれは間違えなく盗まれたと分かった。

鞄の中身は自撮り棒と拡張電池、ビデオカメラぐらいだと思う。

16日の足跡

0
Give me「いいね」!