本になりました

旅行に行ったのはもうおととしになります。
帰国してから2年間というもの書籍にするために悪戦苦闘してきましたが、ようやく本になりました。「よろよろヨーロッパ、くるくるくるま旅」です。
アマゾンだけでなく、一部の書店に出ていて何冊かはすで売れたようです。

旅行に出る前に多くの旅行本を買いました。きれいな風景や観光地は豊富で参考にはなりましたが、リアルに役に立つ失敗例やアクシデント、ネット情報などが見受けられませんでした。私は考えました。「面白くて役に立つ旅行本を作ろう。」
そのため

1.間違えたり、すりにあったり、などの失敗をそのまま文章にする。
2.出版社だけに任せず、途中であった情報を盛り込んだ文章から写真、デザイン、ページ組みなどのすべて自分で組み立てる。
3.ページデザインはパリのグラフィックデザイナーに頼む。
4.文章中に妻の言葉も入れ、やり取りの面白さと臨場感をだす。
5.豊富な写真だけでなく旅行本としては珍しいパノラマ写真や動画をスマホで見ることができるようにする。
6.すべての料理やAirbnbの写真と金額を入れ、
7.GPSを持ち歩き経路を地図にする。など工夫をこらしました。

原稿の写真と文字が入り組んでいるので出版社とのやり取りはとても大変で、出版社から送られてきた校正紙を私がインデザインを使って修正して送り返す形で進めました。私にしてみれば本を出すこと自体が初めてで、多分出版社もこういう形の書籍を経験したことがなかったのだと思います。だからはじめは意思の疎通に混乱し、最終的にこの形に落ち着くのにだいぶ時間がかかりました。

シエナ イタリア
モンサンミッシェル フランス

最初は私がひとりでデザインもしていましたが、どうしても納得がいく形にならず、ある会社を通じてパリの日本人デザイナーと知り合い、お願いして書き直してもらうことにしました。表紙のデザインも彼女にお願いしました。デザインは彼女のイメージのままですが、ページ繰りは私がかなり手を加えました。
タイトルも彼女が提案した「くるくるくるま旅」に私が「よろよろヨーロッパ」を加えた合作です。

旅も大変でしたが、想像以上に手間暇がかかった出版でした。でも、こうやって本になるといい思い出が残ります。

この本が売れたら、今度はユーラシア大陸を横断しようかと企んでいます。

みんな、買ってね。 😛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です