鉄道模型 JMRI その2

鉄道模型を始めてみてただ電車が走っているのを見るだけはどうもつまらない、自動的に車庫から出て駅に停まり、信号が変わると発車して急行を退避したり、最後にまた車庫に戻るのを見たいなと思った。そうなるといろいろと選択肢があっても世界的に一番普及しているJMRIがいいだろうと考えた。末永システムは少ししか触っていないが、少し簡単すぎるような気がする。またデスクトップステーションはよくできているが、Loconetではないので汎用性に欠けると思う。
そう思ってJMRIにしたのだが、英文がとても長くて複雑なので予想以上にてこずっている。

DCC関連のハードウェアは、最初にカトーのDCCコントローラD101を購入した。(D102でも可)これだけで一応DCCで電車を複数同時に操作できるが、完全自動運転をするにはJMRIが必要になる。なお、DCCをすべてカトーで購入していれば以下で動くはず。

D101(基本セット)

次にPR3というハードを入手する。
これでパソコンのJMRIとPR3はUSB、PR3とD101の間はLoconetでつなぐ。
ただ、PR3から直接線路につなぐこともできるが、直接操作したいときにコントローラがないと結構面倒である。

■【KATO/カトー】(29-404)PR3プログラマ DCC 鉄道模型 カスタムショップ

そしてパソコンが必要。持ち運びを考えてノートパソコンにした。

まずはブラウザからJMRI4.14のインストールする。ほとんどが英文で分かりにくいが、下記のURLにアクセスしてほしい。

http://jmri.sourceforge.net/download/index.shtml

ただしJMRIをインストールする前にJAVAの1.8をインストールする必要がある。
そのうえで下記URLをオープン。

http://jmri.sourceforge.net/download/index.shtml#prod-rel

ウインドウズならこの中のWindows:以下をクリックする。
たぶん10分ぐらいかかる。
ダウンロードすればあとは実行しセットアップ。

「Windows によって PC が保護されました」という表示が出たら詳細情報をクリックし「実行」のボタンを押す。

あとはひたすら終了が出るまでNEXTボタンを押す。

終了すると DecorderPro と PanelProのふたつの実行ファイルができる。
ほかにSoundProもできるが、当面使わないのでそのままにしておく。

DecorderProは機関車や電車の管理ソフト。

PanelProは線路レイアウトや運行の管理ソフト。

SoundProは音響管理ソフト。

次にPR3の電源を入れ、パソコンとPR3をUSBケーブルでつなぐ。

繋いだら、Windowsの設定のデバイスマネージャーを開く。
ポート(COMとLPT)をクリックすると
USB シリアルデバイス(COM3)とか表示さる。このCOM?を覚えておく。
Windowsが10でないとドライバが必要になる。それでも動かないときはUSBシリアルデバイスが正しく動作していないからネットで検索してほしい。

とりあえずはPanelProを動かす。

上のウィンドウが開く。
編集メニューを開き設定(Preferance)をクリックする。

私はDCC関連はすべてカトーから購入しているのでSystem ManufactureはDegitraxにする。
PR3を使うためSystem ConnectionはLocoNet PR3を選択し、
SirialPortは先ほど確認したCom?を選択。
StationTypeはD101と同じDCG50を選ぶ。
Connection PrefixはL。(これは分岐器の番号の前につく)
ConnectionNameはLoconetだ。

次に左端のメニューの中からDefaultsを選び、

TrottlesとPowerControlとServiceProgrammerをLocoNetのラジオボタンを押す。
ここまで入れればとりあえず動くだろう。

最後に保存ボタンを押すと再起動しますかと聞かれるので「Restart」を押すとJMRIが再起動される。

以上で設定は終わり。

ここまでで今日はおしまい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です