tohhan のすべての投稿

鉄道模型 JMRI その2

鉄道模型を始めてみてただ電車が走っているのを見るだけはどうもつまらない、自動的に車庫から出て駅に停まり、信号が変わると発車して急行を退避したり、最後にまた車庫に戻るのを見たいなと思った。そうなるといろいろと選択肢があっても世界的に一番普及しているJMRIがいいだろうと考えた。末永システムは少ししか触っていないが、少し簡単すぎるような気がする。またデスクトップステーションはよくできているが、Loconetではないので汎用性に欠けると思う。
そう思ってJMRIにしたのだが、英文がとても長くて複雑なので予想以上にてこずっている。

DCC関連のハードウェアは、最初にカトーのDCCコントローラD101を購入した。(D102でも可)これだけで一応DCCで電車を複数同時に操作できるが、完全自動運転をするにはJMRIが必要になる。なお、DCCをすべてカトーで購入していれば以下で動くはず。

D101(基本セット)

次にPR3というハードを入手する。
これでパソコンのJMRIとPR3はUSB、PR3とD101の間はLoconetでつなぐ。
ただ、PR3から直接線路につなぐこともできるが、直接操作したいときにコントローラがないと結構面倒である。

■【KATO/カトー】(29-404)PR3プログラマ DCC 鉄道模型 カスタムショップ

そしてパソコンが必要。持ち運びを考えてノートパソコンにした。

まずはブラウザからJMRI4.14のインストールする。ほとんどが英文で分かりにくいが、下記のURLにアクセスしてほしい。

http://jmri.sourceforge.net/download/index.shtml

ただしJMRIをインストールする前にJAVAの1.8をインストールする必要がある。
そのうえで下記URLをオープン。

http://jmri.sourceforge.net/download/index.shtml#prod-rel

ウインドウズならこの中のWindows:以下をクリックする。
たぶん10分ぐらいかかる。
ダウンロードすればあとは実行しセットアップ。

「Windows によって PC が保護されました」という表示が出たら詳細情報をクリックし「実行」のボタンを押す。

あとはひたすら終了が出るまでNEXTボタンを押す。

終了すると DecorderPro と PanelProのふたつの実行ファイルができる。
ほかにSoundProもできるが、当面使わないのでそのままにしておく。

DecorderProは機関車や電車の管理ソフト。

PanelProは線路レイアウトや運行の管理ソフト。

SoundProは音響管理ソフト。

次にPR3の電源を入れ、パソコンとPR3をUSBケーブルでつなぐ。

繋いだら、Windowsの設定のデバイスマネージャーを開く。
ポート(COMとLPT)をクリックすると
USB シリアルデバイス(COM3)とか表示さる。このCOM?を覚えておく。
Windowsが10でないとドライバが必要になる。それでも動かないときはUSBシリアルデバイスが正しく動作していないからネットで検索してほしい。

とりあえずはPanelProを動かす。

上のウィンドウが開く。
編集メニューを開き設定(Preferance)をクリックする。

私はDCC関連はすべてカトーから購入しているのでSystem ManufactureはDegitraxにする。
PR3を使うためSystem ConnectionはLocoNet PR3を選択し、
SirialPortは先ほど確認したCom?を選択。
StationTypeはD101と同じDCG50を選ぶ。
Connection PrefixはL。(これは分岐器の番号の前につく)
ConnectionNameはLoconetだ。

次に左端のメニューの中からDefaultsを選び、

TrottlesとPowerControlとServiceProgrammerをLocoNetのラジオボタンを押す。
ここまで入れればとりあえず動くだろう。

最後に保存ボタンを押すと再起動しますかと聞かれるので「Restart」を押すとJMRIが再起動される。

以上で設定は終わり。

ここまでで今日はおしまい。

 

 

 

鉄道模型を再開

最近旅に出なくなったので、代わりに鉄道模型を再開した。

7年前に自分の家を建てる時廊下に書棚をつくり、その中に鉄道模型を置くことを考えた。問題は書棚に鉄道模型を置くには奥行きが足りない。
列車を往復させるしかないが、それでは終点のホームを長くしないと長い列車が折り返せない。両端でループを描くことにしたいが、そうなると書棚の前に出てきて人が通れなくなる。やむを得ず、建築屋さんに書棚の両端の奥に出窓を作ってもらいそこで電車を回転させることにした。
工事中は書棚を作るのを後回しにしそのままになっていたが、自分で図面を描き建具屋に木材を作ってもらい、一人でで書棚を組み立てた。ちなみに窓上と書棚下のLEDはアルデイーノでプログラムして中国からフルカラーLEDテープを買って取り付けた。

(うちに来た人は誰でもこの自慢話を聞かないといけないことになっている。^ ^)

ようやくできてNゲージの線路を並べたが、あちらこちらで脱線するし、なかなかうまく動かなかった。

  

そうこうしているうちにアメリカ大陸横断の話になり免許を取ってレンタカーで30日で走った。

それが終わるとイギリスに行き、その結果息子をイギリスの学校に送り出した。しばらくするとヨーロッパ旅行の話が起き、1年がかりで準備し、3人で車で走り回った。

 

鉄道模型このあたりの話はこのブログでも結構書いた。さらに帰ってきてから旅行記を本にして出版するのに2年かかった。

ようやく終わり、老後のリタイヤ生活をのんびり過ごそうと思っていた。

ところが妻が突然ドラムにはまり、私はエレキベースを始めることになり、ついでにサックスまで始めた。ついにはバンドを組んで演奏することにまでなった。どこまで行くんだ…
その練習で結構忙しかったが、妻がやっている一時保育で来た子供(写真)が鉄道模型が趣味で、うちの模型を見てぜひ遊びたいというので、鉄道模型が再点火した。

ここからが本題でどうせやるなら鉄道模型でDCCを使って自動運転をさせたいと思いつき、鉄道模型のカトーに聞たが、扱っていませんとそっけなく言われた。
それまで意味も分からず買ってあった「ディスクトップステーション」や「末永システム」や「PR3」を引っ張り出して動かしてみた。それぞれ一長一短だが、フリーソフトの「JMRI」が一番多機能で面白そうだ。

ソフトをダウンロードして走らせたがよくわからない。ネットで検索しても説明がないことはないがどれもかなり高度な話で理解不能である。JMRIの説明書などどこを探してもなく、あるのは英文のヘルプだけ。英語がわからないだけでなく、鉄道の専門用語(英語)を知らないし、何とか読んだとしてもしばらくするとみんな忘れる。

とりあえず、このヘルプを日本語訳をして保存すればわかるかもしれないとグーグル翻訳を使うことにした。グーグル翻訳はヨーロッパに行った時お世話になったが長文を入れると全く意味不明な日本語が出て、使えないと思っていた、今回はAIのためかとてもよくなっていて日本語として何とか読める。これはいけると片っ端から翻訳を始めた。

当初はすぐ終わると思っていたが想像したより大きいファイルで1か月かかってしまった。さらに専門用語はやっぱり変な訳を出すのでネット検索で調べまくった。それでも人に翻訳を頼むことを考えると早いし、無料でここまでできるのは隔世の感である。翻訳の会社は昔の和文タイプのように消えることになるだろう。

ようやく翻訳が終わり、読んでみるとそれでもやっぱりよくわからない。せっかく翻訳したことだしこのブログでアップしてみんなに修正してもらえないだろうかと思いついた。執筆者の了解を得るために息子に手伝ってもらい、メールを送ると無料であればご自由にどうぞと返事が来た。

次回はとりあえずヘルプをPDFにしてアップする予定である。

走らせてみるとなかなかよくできているが、ひどくわかりにくいし、アンドゥがないので結構てこずる。乗り掛かった舟なのでこのまま行けるところまで行こうと思う。次回からはこのことを書いていきたい。

 

本になりました

旅行に行ったのはもうおととしになります。
帰国してから2年間というもの書籍にするために悪戦苦闘してきましたが、ようやく本になりました。「よろよろヨーロッパ、くるくるくるま旅」です。
アマゾンだけでなく、一部の書店に出ていて何冊かはすで売れたようです。

旅行に出る前に多くの旅行本を買いました。きれいな風景や観光地は豊富で参考にはなりましたが、リアルに役に立つ失敗例やアクシデント、ネット情報などが見受けられませんでした。私は考えました。「面白くて役に立つ旅行本を作ろう。」
そのため

1.間違えたり、すりにあったり、などの失敗をそのまま文章にする。
2.出版社だけに任せず、途中であった情報を盛り込んだ文章から写真、デザイン、ページ組みなどのすべて自分で組み立てる。
3.ページデザインはパリのグラフィックデザイナーに頼む。
4.文章中に妻の言葉も入れ、やり取りの面白さと臨場感をだす。
5.豊富な写真だけでなく旅行本としては珍しいパノラマ写真や動画をスマホで見ることができるようにする。
6.すべての料理やAirbnbの写真と金額を入れ、
7.GPSを持ち歩き経路を地図にする。など工夫をこらしました。

原稿の写真と文字が入り組んでいるので出版社とのやり取りはとても大変で、出版社から送られてきた校正紙を私がインデザインを使って修正して送り返す形で進めました。私にしてみれば本を出すこと自体が初めてで、多分出版社もこういう形の書籍を経験したことがなかったのだと思います。だからはじめは意思の疎通に混乱し、最終的にこの形に落ち着くのにだいぶ時間がかかりました。

シエナ イタリア
モンサンミッシェル フランス

最初は私がひとりでデザインもしていましたが、どうしても納得がいく形にならず、ある会社を通じてパリの日本人デザイナーと知り合い、お願いして書き直してもらうことにしました。表紙のデザインも彼女にお願いしました。デザインは彼女のイメージのままですが、ページ繰りは私がかなり手を加えました。
タイトルも彼女が提案した「くるくるくるま旅」に私が「よろよろヨーロッパ」を加えた合作です。

旅も大変でしたが、想像以上に手間暇がかかった出版でした。でも、こうやって本になるといい思い出が残ります。

この本が売れたら、今度はユーラシア大陸を横断しようかと企んでいます。

みんな、買ってね。 😛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ旅行 帰国

9月24日
成田到着

成田 ➡ 自宅

成田➡自宅

やはり日本に帰ってくるとホッとする。少し気味が悪いぐらい物腰が柔らかく丁寧だ。

空港には宅配の会社が何社もカウンターを出していて、簡単に出せるのはさすが日本である。
ただワインを2本送ろうとしたが小さいサイズの箱がなくて送料はワインの代金より高くなった。

飛行機で食べなかった妻は一人でレストランに入りおじやを食べていた。
妻が戻ってきて成田エクスプレスに乗った。
茅ヶ崎駅につくと雨が降っていたのでタクシーで帰った。

日本を出るときどしゃ降りだったが、帰ったときもまた雨だった。

この旅は稲妻のようであった。
ライブに挑戦と唄ったがとてもそれどころではなかった。

0
Give me「いいね」!

ロンドン-モスクワ

9月22日
ロンドン > モスクワ

ヒルトンホテルを8時ごろでてアエロフロートのチェックインに行くと誰もいなくてしばらく待たされたが、始まるとビジネスクラスのなのでチェックインは簡単に済んだ。

ヒースロー空港のデバーチャー(出発)のゲートを通過しようとしたらカメラを指差し見せろというので渡すとゲートの入り口の写真を見て消せというので消したら、この中は撮影禁止だとくぎを刺された。
デパーチャーの中は商店も多くレストランも高級そうだった。その中で酒を扱っている店を探しいくつか見当をつけておいて、レストランはと空港の係員に聞くと2階だとエレベータを指差した。
レストランで食後席を外していると妻から出発の時間だと電話で呼び出された。土産物店に戻りワイン4本とチョコを買い物したら、ワインはビニールの袋に入れて封をされ、成田到着まで開けてはいけないとシールされた。

11時15分ゲートが開き、搭乗が始まった。

ビジネスクラスにしては狭くリクライニングも少ししかできなかった。
昼に食事が出たがあまりおいしいとは言い難く、妻は残してしまった。
モスクワ
モスクワに到着しトランジットに3時間ほど余裕があったので、ビジネスクラスのラウンジに行ってみると日本からのときと同じく満席で、窮屈なカウンターしか空いてなかった。

時間になったのでゲート28に行ったが予定の時間になっても開かず、11時の予定が11時40分遅延と表示された。受付の女性は不機嫌そうに座っているだけで何も案内をしなかった。
11時40分ごろ飛行機は成田に向かって離陸した。


成田モスクワ間のビジネスクラスのシートはゆったりして完全にフラットになるし、日本からの食事もよかったが、モスクワからの食事は食べられる代物ではなかった。私は食べたが。妻は夕食も朝食も手を付けることはなかった。
それにしてもモスクワで食べたレストランはとてもおいしかったのになぜだろう。ピロシキを数個出してくれた方がましだった。

0
Give me「いいね」!